偏頭痛を解消Wiki

もしも偏頭痛になった場合の解消法をお伝えしていきます

頭がズキズキしている男性

頭痛外来で行われる治療法

頭痛はありふれた症状の一つで、頭痛が起きたことなど一度もない、と言う人を探すのは難しいくらいです。
しかし、頭痛と一口に言っても脳梗塞や脳出血や脳腫瘍など命にかかわるものから軽いものまで様々です。

温めてみたり冷やしたり市販の鎮痛剤で使ったりと、自分なりの治療法で凌いでいる人も少なくありませんが、頭痛の種類に合った治療を行わないとよけいにこじらすことになります。

頭痛外来では、まず命にかかわるような頭痛ではないか診察します。早急に集中的な治療や手術が必要である場合は、手配も必要となるからです。

緊急性がない時は、どのような種類の頭痛かを見極め治療法を決めます。
そのためには、頭痛日記をつけて頂くことが多いです。
どのような時に頭痛が起きたか、食べ物との関係はないか、痛みの強さや持続時間はどうか、頭痛以外に吐き気や嘔吐などの症状はないか、などを見ることによって頭痛の種類を鑑別します。

頭痛の種類が判明すれば、それにあった治療薬を処方するのが、一般内科と頭痛外来の大きな違いでしょう。

内科では頭痛と言えば、非ステロイド系鎮痛剤やアセトアミノフェンを処方されることが多いです。バファリンやロキソニン、ナイキサン、ハイペン、サールツー、セデスなどです。
しかし、これらの鎮痛剤を規定量服用しても治まらず、用量以上に服用し胃を荒らしている患者さんも少なくありません。

頭痛外来では、このような治療法でよくならない偏頭痛の人には、トリプタン系薬剤を使います。
イミグランやゾーミックなどです。
また、エルゴタミン薬剤のクリアミンAやジヒデルゴットを使うこともあります。
これらの薬剤は、鎮痛剤ではなく血管を収縮させることによって頭痛を治療する薬剤ですので、偏頭痛を根本から治療しています。

これらの薬剤による治療で、今までの苦痛が嘘のように良くなる患者さんも多いです。

頭痛に悩んでいる人は、頭痛外来の門を叩いてみましょう。