偏頭痛を解消Wiki

もしも偏頭痛になった場合の解消法をお伝えしていきます

頭がズキズキしている男性

偏頭痛を解消するために

偏頭痛は天気が悪くなる前日によく起こったり、20歳代から30歳代の女性に多いことから、妊娠や出産の時期と重なるケースが多くあります。
そのため薬の影響を心配する人も多いですが、偏頭痛を解消するためには妊娠するまではトリプタンを使用しても特に問題はありません。
トリプタンは偏頭痛の特効薬とされているもので医療機関で処方されます。
また偏頭痛の場合、市販されている鎮痛剤はほとんど効果がないため注意が必要です。
トリプタンは市販の鎮痛剤とは違って、偏頭痛の原因とされる脳の血管の拡張やその周辺の炎症を直接抑える作用があります。
ただ、トリプタンは胎児に対する安全性が十分に確認されていないため、妊娠が分かった段階でアセトアミノファンなどの鎮痛薬に切り替えた方が安全です。
妊娠中は偏頭痛が沈静化することが多いと言われますが、出産後に症状がひどくなる場合も多く、頭痛担当医や産婦人科医によく相談することが大切です。
また、天気が悪くなる前に頭痛が起こる人が少なくないことから、偏頭痛と低気圧との関係が考えられています。
天気が悪くなりそうな時には偏頭痛を解消するために、予防薬を用意したりトリプタンを準備するなど、頭痛に対する心構えをしておく必要があります。